<big id="xfbwu"><strike id="xfbwu"></strike></big>

      ホーム > ニュース > 会社情報

      二、三倍の価格は、ローエンドのLCDの深刻な不足が停止しますか?

      2017-02-16 09:41:06 リード

      1476672370.jpg

      「従業して10年以来、今年のような液晶パネルの供給不足は初めてです。年末から色んな製品は普段の一倍の値段になって、ローエンドの製品は2、3倍のケースもあります。」

      深圳市唯時信電子有限公司の董事長の陸乃明さんは「国際電子商情」に対してこう仰いました。下川の顧客の需要に対して、上川のキャパシティーが全然足りないです。そしてこのような状況は長く続けるそうです。

      液晶パネルだけではなく、MKTセット、液晶まで品切れの現象が発生しました。それはいくつかの原因がありますが、陸董事長はこう説明しました。まずはキャパシティーの減少、特にローエンドの液晶パネルの方です。去年韓国のLGディスプレイは中国での液晶ガラス(cell)において、約一億USドル超えの損失をしました上、LGディスプレイは中国市場液晶ガラス(cell)の供給を停止しました。汕尾の信利のような多数のハイエンドのモジュールメーカにに対して直接な影響を与えました。特に信利の場合、半分以上の購入はLGディスプレイからので、かなりの影響です。去年サムソンの二つの液晶パネルのラインを停止してから、設備を信利に転売しましたが、未だ生産能力になっていません。

      blob.png

      深セン、時間だけ手紙電子有限公司、会長劉Naiming


      友達、奇美、華映、HannStarなど台湾の四つのパネルメーカは去年において、キャパシティーと製品構成について調整をしました。値下げし続けているので、友達と奇美は去年の下半期でHD及びローエンドの市場を放棄しまして、HDやFHDなどのハイエンド市場のみを注力しました。華映の6世代ライン、4.5世代ラインと4世代ラインの三つのラインは去年の値下げよりかなりの損失を受けました。華映は去年4世帯ラインと4.5世帯のラインを停止しまして、6世帯のみ生産をし続けています。Hannstarは5.3世帯のライン一つしかないので、市場に対しては大きく影響がないです。Hannstar以外、台湾の三つのメーカさんは大陸への液晶ガラスの提供を減少しました。特にローエンドの提供はかなり減りました。


      近年以来、中国国内の携帯ブランドが速いスビートで発展しています。特にネット上で販売が安定できて、OPPO、VIVOなどのメーカは凄く発展しました。インド、アフリカなどの携帯の需要も小サイズから大きいサイズに変換し、天瓏、伝音など輸出に専念する会社の海外での市場開拓も順調に進んでいます。沃特沃徳のような設計からデバイスに変換した会社の業績も増加しています。これらの市場は5寸ぐらいの低解像力率のパネル製品には大量の需要があります。パネル生産の中で、世代5のラインなら、1.8寸のパネルを1000枚加工できますが、5寸のパネルなら、170枚ぐらいしかできません。同じ生産能力を持っていますが、寸法が違いますと、出荷量も大幅に違います。それで、市場の需要が増加も無いですが、製品が足りないのも理解できます。この近年、国内の生産投入は大きいサイズの液晶テレビやハイエンドのLTPSに集中過ぎで、ローエンドのA-siの投入は増加していません。ただし、この市場にはまだ需要が多数ありますので、今の状況になってしまいました。


      中国国内のOPPO?VIVO?Meizuなどのブランドのハイエンド機種にはこれからもAMOLEDの導入を進めるので、去年下半期から需要が大幅に増加しています。特にALMOLEDの市場ではこれまではサムソン一社のみの供給状況ですが、サムソンはどうしてもまず自社用のキャパシティーを確保するので、中国の各社に対しては今年の状況は楽観できません。現在OPPOやVIVOなどの大手メーカでも唯6割から7割程度の供給シェアを取得していますが、他のブランドのメーカも厳しい状況です。予測では、近い将来サムソンと競争する会社は出ませんので、もともと来年からAMOLEDを採用する予定のOPPO/VIVO/HUAWEI/MEIZUなどのメーカはLTPSのハイエンドの液晶ディスプレイに戻るのも想定できますので、液晶の供給不足はまだまだ続けます。

      以上の考えて、陸さんは今の供給と需要の差が大きく長く続けると判断しました、来年までも厳しい状況そうです。

      「だが、ハイエンドの市場にはその供給不足はキャパシティーの増加により段々緩めます。事下半期で、武漢の華星光電の世帯6のライン、友達昆山の世帯6のライン、中電熊猫南京の世帯8.5のライン(IGZO)、京東方重慶の世帯8.5のラインが少しズづ生産開始で、FHD解像力率のハイエンドディスプレイの供給が少しずつ満足できるようになります。」と陸さんが言いました。そして、ローエンドのディスプレイの供給不足よりの値上げはあまりにも大きくで、一部の需要はローエンドからハイエンドに移すとも考えられます。京東方重慶の世帯8.5のラインと南京熊猫の世帯8.5のラインには5’’HDと5.2’’HDの情報が確認できましたので、A-siのキャパシティーも少し増加見込です。


      在庫不足の時は、値段が高くなるのは当たり前のことです。陸さんそう言いました、物が少ないから値段が高くなって、販売会社にとっては一定の利益を保証できます。ただし、合理的な利益は長期発展とつながっています。実業者の心で販売をします。値段だけではなく、いつもサポートしてくれた顧客にこの時こそ恩返しもしなければ行けないです。


      陸さんは適当な緊張性が良い物ですが、長期の供給不足は業界の発展にはあまりよくないと指摘しました。「約1割の不足は合理的だと思います。上川の供給が減少して、商品が足りないですが、それなりに販売会社の売上と営業額も減ります。ただし、この時、一部の販売会社は悪意で値上げして、販売業界にも悪い営業を与えました。そして、長期的な供給不足も一部の工場の倒産と産業の集中化を加速しましたが、それより、我々がこの業界は各メーカの研究開発や、品質管理や販売チャンネルなどの管理での公平な統括を求めています。


      供給不足は周期性と突発性があります。市場の供給と価格の変動はいつも存在しております。特に新しい製品と古い製品が切替の時、供給不足の可能性高くなります。それなりの準備を販売会社が予測し、調整するのはその会社の運営能力次第です。


      唯時信の去年の営業売上は41億人民元で、今年は50億を超え、60億に達成する可能性が十分あります。当社の各製品陣に対して独立のチームが運営していますが、各製品陣の間、関連性が強くで、共同作戦ができます。「販売店の運営は一種類の製品に依存することはいけないです。私は常に新製品の開拓に注目しています。単一製品の比率をできるだけ低くするのは重要です。去年の時、単一製品の方は全体的の35%ぐらいのシェアですが、今年は20%以下にします。同時に弊社はスマートフォン以外の市場も開拓しています。これから防犯と工業にも進出します。」陸さんはこう言いました。販売会社は製造工場とは違います。製造業は規模化にするのか、カスタマイズにするのかの道があります。だが、販売会社はどのような製品に対しても上限があります。単一製品に依存すると、増長に困難が出る。同時に、販売会社はメーカの戦略が変化する時のリストも十分考えなければならない。多様性の準備をして、単一製品と単一市場の比率を低くするのは会社が長期安定発展の基本です。

      Powered by MetInfo 5.3.19 ©2008-2022 www.metinfo.cn
      亚洲国产综合久久香蕉
        <big id="xfbwu"><strike id="xfbwu"></strike></big>